顧問 医学博士
松木 康夫

私は内科医として多くの患者様とふれあい、その中で「心身ともに健康であること」を提唱してきました。
特に寿命は年々延びており命だけ長い「長命者」ではなく、元気に旅行や孫の面倒、ゴルフを楽しめるような「長寿者」になるには、どのようにしたら良いかを知るため政財界、芸能界など各界の長寿者へインタビューをしたこともありました。
その結果、男女を問わずいつでもおしゃれをする心や美しくありたいという気持ちは健康を保つための活力のひとつと考えます。私自身も含め世界中の皆さまが心身ともに健康で、且つ、長寿者になれるよう願っています。

Profile:
1933年東京生まれ
慶應義塾大学医学部、同大学院卒業。医学博士
フルブライト奨学金を得て米国に留学、帰国後、慶應義塾大学病院勤務医を経た後、「大学病院なみの設備と町の開業医のもつ親切さとの両立」を求めて、1969年に新赤坂クリニックを設立。現在は、内科の診察をおこなうと共に、人間ドックを中心に800社余りのビジネスドクターを努めてる。

■著書
『若さを保つ秘訣』
『医療革命前夜』
『松木康夫のワンポイントクリニック』
『社長の健康法』
『松木康夫の”七つの快健康法”』
『新若さの秘訣』
『余生堂々〜60歳から始まる黄金の人生』
『戦後を生き抜いた医者のひとりごと』等多数。